お芝居をしています。学校の論文も書かなくちゃいけないのに、たいへんです。正直しんどいです。

でもその人たちとその演目ができるのって一度きりなんですよね。誘ってもらえるのも一度きり。本当に好きな人たち、尊敬してる人たちに誘ってもらえたなら、もうやるしかないって感じです。陳腐な言葉ですが、お芝居をしているともうひとつの人生を生きることができるわけで、つまりひとつの演目を逃せば、ひとつの人生を失うことになる。逃した時の後悔が傷になるので、できる限り引き受けたいものです。

 

年内に終わらせなきゃなんないことがたくさん。ちいさいことからコツコツと。